スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

ナビスコ開幕戦

行ってきました
小瀬
事前に公表されて多様に若手主体のスタメンです
自分も含めてサポーターは事前に情報を仕入れていたためか
不満な声もなく「ま、しょうがないか・・・」という雰囲気
というより逆にwktkしている様子も

試合は予想通り苦戦
どうしてもトラップが大きくなったりパスが乱れたりと
小さなミスが多発
その小さなミスが少しづつ流れにずれを生じ
ボールがあっち行ったりこっち行ったりと落ち着かない

サポーターもなんとなく保護者的視点での観戦
ミスパスがあってもプレーの選択が正しければ拍手
今日はみんなやさしいですw

そんな中予想に反して先制点は名古屋
DFラインとGKの間でボールを持った玉田が
飛び出してきたGKをあざ笑うかのようにループシュート
流れとか関係なしにゴールが決まっちゃうんだからサッカーってすごい

しかしやっぱり流れはこっちに来ない
DFラインの裏を突かれクロスを上げられ失点
さらにCKから逆転
ただ一点目はオフサイド
2点目はキーパーチャージに見えたんですけど・・・

その後もグランパスはチャンスの無いまま前半終了
せめてあと一人主力選手がいれば展開も変わってくるような気が
ただ主力がやっているサッカーをやろうとしている意思は伝わってくる
ボールを持ったら逆サイドへ、ピッチを大きく
前の選手を追い越す
そういった基本的なことをやろうとしているようですが
そこはやはりスタメンとサブの差
トラップミス、パスミス、判断ミスなどでチャンスをつぶしてしまっている状態

後半もまあ似たような展開
ただ前半突破できなった右サイドの津田が突破できるようになり
ピンポイントクロス→巻ヘッドというシーンが唯一且つ最大のチャンス
巻もうまく体をDFの前に入れてどんぴしゃのタイミングでヘッドを決めたのですがGK正面

その後右サイド津田をトップに持ってきて3-4-3の布陣
津田はサイドよりトップの方が生きますね
ボールも比較的回るようになりビックチャンスまでは行かないまでも
少しづつゴールの匂いが感じられるように

さらに巻→新川
新川が華麗にドリブルで仕掛けるがどうしても甲府DFを破れないままタイムアップ
ただ新川のドリブルは可能性を感じさせるドリブルでした

試合は1-2の敗戦
シンプルで基本的なことなのかもしれないですが
しっかりトラップする
正確にパスをする
ということがこれほど差が生まれることなのだなぁ
これがスタメン組とサブの差なんだろうなぁということを感じました

たらればを行っても仕方ないですが
巻→直志で
  玉田 津田
片山     直志
  須藤  K
    吉村
 阿部 吉田 竹内
    楢崎
なら勝てたような気がする
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright ©suzzy All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

すうじぃ

Author:すうじぃ

楽しかったら大正解!



FC2カウンター



コンテンツ

写真館
健二書き込み
リンク集
過去の日記



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



過去ログ

 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。